• 髪は女の命なんていうけれど……。

    by  • 2013/01/31 • 48G • 0 Comments


    今週発売の週刊文春でAKB48の峯岸みなみが男性タレントの家に泊まったことが記事になり、それに対する処分として研究生降格とするというのが支配人の戸賀崎氏から発表された。年頃の娘に恋愛するなといってもなかなか難しかろうと思うけれども、そういうのはアイドルは基本的に皆同じだろうと思う。と言っても、本当に恋愛禁止である必要があるのかというと、これは疑問だ。もし、そうだとすると、篠田麻里子なんかは卒業してから相手を探すとなると30近くになってるかもしれない。そうじゃなくて、そういう(恋愛禁止という)設定ということじゃないのか。プロレスで言えばブックみたいなのと理解していたのだが、そうではなかったようだ。峯岸は研究生降格とするだけでなく、丸坊主にして謝罪の動画を配信した(冒頭)。
    正直、あまりに痛々しくて見ていられない。過去何人かのメンバーが恋愛禁止のルールを破ったとして解雇になったり辞退したりしてきた。峯岸はまだグループに残れるだけマシなのだろうか。
    AKBの握手会で支配人部屋の戸賀崎氏と話したことがある。僕が、「指原は博多であれだけ活躍して、結果的に移籍して成功ですよね。」と聞くと、戸賀崎氏は「確かにそうだけど、未だに処分が甘い、何で解雇にしないんだと言われるんだ。」と言っていた。それだけ、いわゆる「ヲタ」の人は純粋なのかもしれない。僕なんかは、おおっぴらにやらなければいいじゃん、位の感じなので、心が濁っているのかもしれない。
    でも、やっぱり、恋愛禁止なんてブックでいいじゃん。そんなことで、女の子1人の進路を左右することはないと思うよ。
    そして、文春はじめ週刊誌の方々、こんなのほじくりだすのはやめようよ。誰も得しないのだから。

    About

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です