• 若者の麻雀離れ

    by  • 2013/01/29 • Uncategorized • 0 Comments

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20130126-00000302-shunkanrn

    若者の麻雀離れの傾向があるという。まあ、それはそれでいいんじゃないかな。
    人それぞれ考え方はあると思うけれども、麻雀はギャンブルなんで、普通の人が日常的に楽しむようなものとはちょっと違うんじゃないかと思う。
    僕が麻雀をやり始めたのは高校生の頃で高校や大学の頃は毎日とは言わないにしろ、週に何度も打っていた。大学の頃からフリー雀荘に行くようになり、社会人になってからは知り合いと打つことはほとんどなくなった。少し気の短いところのある僕は、勝負の早い東風戦のフリー雀荘に行くことがほとんどだ。
    知り合いと打たなくなったのは、先ヅモが嫌いなのと、回りが遅いのが嫌だからだ。知り合い同士で打つとルールがなあなあになりがちで先ヅモする奴が大抵混ざっている。前の人が切る前に手を伸ばすだけでも嫌だが、酷い奴だと一旦手に入れた牌を戻して食ったり上がったりするのまでいる。その点フリー雀荘であれば、ルールが明確になっていて先ヅモも禁止されているし、マナーもある程度言われているから気分が悪くなることが少ない。ルールがちゃんとしてないとギャンブルなんてできないよ。
    オンライン麻雀も時間つぶしにやることもあるけど、あまり面白くない。そもそも金がかかってないのでドキドキしないし、無謀な切りをしたり、敗色濃厚になると回線を切る奴がいたりして、余計につまらなくなる。
    まあ、こんな考え自体ギャンブル廃人の僕の思想なんで、まっとうなものじゃないんだろう。先のある若い人が麻雀離れというのも、ある意味結構なことかもしれない。

    About

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です