• 『AKB48グループ臨時総会』【夜の部】「AKB48グループ総出演公演」

    by  • 2013/04/28 • 48G • 0 Comments

    AKB48グループの武道館の4日間コンサートの最終日がYou Tubeでライブ配信されたので見た訳だが、前日のAKB48単独で河西の卒業をフィーチャーしたのが不評だったのとは対照的に、今日が最後の出演となる仁藤萌乃に関しては、挨拶と片想いの対角線(北原、近野の5期生とのユニット)、最後の影アナとあっさりした扱いで印象も良かったんじゃないかと思う。
    昼の部の内容から、ユニットシャッフル中心になるのではとの予想がされていて、それはその通りだったのだけど、結構楽しめた。
    印象に残ったのは、嘆きのフィギュアを渡辺麻友、松井玲奈、田島芽瑠、朝長美桜の4人でやったところだが、まゆゆ、玲奈が映るところとHKTの2人が映るところでは画面の緊張感が全く違って笑ってしまった。特に朝長ちゃんはHKTの中でもダンス得意な方ではないそうだし、表情も緊張しているのがよくわかったが、圧倒的にかわいいので問題ない。まゆゆと玲奈は流石という感じだが、普段はありえないこういった組み合わせもたまになら面白い。
    あと、SKEの菅なな子は、ちょっとムチムチしてて元気いっぱいで、少し平嶋夏海的だなあと感じた。
    そして、今回は大したサプライズはないのではと言われていたが、まずは、夏の全国5大ドームコンサート開催が発表された。高橋みなみは大喜びしていたが、SKEやNMBのメンバーはあまりおもしろくないのではないかと思う。特にSKEは、ガイシコンを実現し、次はナゴヤドームということを目標としていただろうから、かなり落胆していると思う。
    さらに、AKB12期研究生の3人の昇格が発表された。平田梨奈がチームK、佐々木優佳里がチームA、大森美優がチームBとなってまあ、キャラクターと合っているのかなという印象。
    ここまではよかったが、その後の兼任人事の入換で結構荒れそうだ。
    まず、現状の兼任メンバーは松井珠理奈と渡辺美優紀以外は解除。北原に代えて大場美奈がSKEチームKII兼任。SKEからは古畑奈和がチームK兼任。NMBチームNには市川美織が行き、NMBからは矢倉楓子がチームA兼任。更にHKTから兒玉遥がチームA兼任と発表された。また、海外移籍メンバーのうち、仲川遥香を除く3人がAKBとの兼任を発表された。宮澤佐江はチームK、鈴木まりやはチームA、高城亜樹はチームBとの兼任である。
    北原が兼任を解かれたことでSKEのメンバーはかなり反発していたように見えたし、本人の北原も「嫌だ」と声を上げていた。
    新たにAKBとの兼任となる姉妹グループのメンバーもただ動揺しているように見えたが、その中で矢倉楓子だけは、動揺と言うよりも気合が入ったぞ、というような顔つきに見えた。
    海外移籍メンバーのうち、SNHの宮澤と鈴木はビザの関係で向こうでの活動ができずに中途半端な状況にあるので、この措置もやむを得ないと思うが、まわりのメンバーによろしく~と挨拶していた鈴木と対照的に、宮澤は不満そうな表情を見せていた。
    高城が兼任で仲川はそのままというのは、高城は仲川ほどJKTに馴染んでいないということなのだろうか。まあ、仲川のJKTへの馴染み方はちょっとおかしいというくらい馴染んでいるので、それと比べるのもどうかと思うけど、JKTは順調に活動が行われているのでもう少し腰を据えて当たらせてもいいんじゃないかと思った。
    泣いている兒玉遥を同郷の篠田がおいでおいでみたいな動きで和ませようとしていたのが微笑ましかった。兒玉は英才教育ってことなのかなあ。
    最後に舞台から捌けるときに、13期研究生の茂木忍が泣いているのが見えたが、これは12期の昇格を喜んでなのか、自分が昇格できなかった悔し涙なのかわからないけど、後者だとしたら、悔しがる気持ち、大事だと思う。
    あと、指原のHKT支配人兼任というのは、オチなんだろうけど、どうでもいいわ。

    About

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です