• ベスト4で上出来じゃないか

    by  • 2013/03/18 • 野球 • 0 Comments

    WBCでは日本代表チームは準決勝でプエルトリコに負けてしまい3連覇はならなかった。
    ベスト4止まりとはいえ、そもそも強豪国の中で3連覇すること自体が奇跡的なので、感情的なものを抜きにすればベスト4まで来ただけでも十分よくやったと言えるだろう。決勝ラウンドに3度進んだチームも日本だけだ。一発勝負だけにそうそう毎回勝ち進めるものではない。
    8回の内川のスチール失敗が叩かれそうだが、混成チームだけにこういうことは起こり得る話で、責められるような話ではないと思う。もちろん、監督が走るなと言ってるのに、無視して走ってアウトになったというのであれば別だが、監督が走ってよいと言っていたのであれば責める理由はない。シーズン中であれば堅くいくところだろうが、一発勝負だけに結果裏目に出たとしても、あそこでダブルスチールという采配もありといえばありだろう。井端が走らなかったということは、そこが徹底されてなかったわけだから、改善の余地はあるけど、先に書いたように混成チームなんで、まあしょうがないかなあ。
    マスコミやネット世論は戦犯探しが好きなので、貧乏くじを引かされた山本浩二や内川が叩かれないことを祈ります。
    彼らもボランティアでやってるわけじゃないとはいえ、ハイリスク・ローリターンな代表を引き受けてここまで頑張ってくれたのだから。

    About

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です