• ちゃんと裏を取れ!

    by  • 2013/03/15 • Uncategorized • 0 Comments

    千葉県の女性は昨夏、クレジットカード会社から届いた20万円超の身に覚えのない請求額に目を疑った。

    小学生の息子にパソコンのオンラインゲームを「自分もしたい」とせがまれた。「無料の範囲で」と約束し、クレジットカード情報を入力して利用者登録をした。しかし、息子は夢中になり、アイテムの購入に手を出していた。「こんなにお金がかかるとは知らなかった」。女性は相談した地元の消費生活センターに話したという。朝日新聞デジタル 3月14日(木)9時50分配信

    この手の社会面関連の素人の被害談話みたいのって記者の創作っぽいのが多いような気がする。
    オンラインゲームに嵌ると確かに相当金がかかる仕組みになっているけど、プレイするだけでクレジットカードの情報がいるなんて聞いたこともないよ。
    被害女性か息子のいずれかが嘘を言っているのか、記者が創作したかだけど、こういう感じの現実離れしてる事象をよく見かける気がするので、被害者(というか自業自得だと思うけど)から聞いた話にインパクトがあるような脚色を施しているんじゃないかと思う。
    あるいは、全くの創作かもしれないけど。
    善意に解釈して、一応インタビューは行ってるとしてもプロなんだから裏を取るくらいのことはやってほしい。
    どうも、この小川直樹っていう記者は話を盛ってしまう傾向があるようだなあ。
    「よりそいホットライン」についての記事でも相談者の心情みたいなのが随所に出てくるが、記事を書きながら必要以上に感情移入してしまうタイプの人かもしれない。まずは、事実を正確に伝えるのが先で、感情を盛り込むのはその次だろう。順番が違う。

    About

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です