• 毎日新聞はどこの国の新聞なのか

    by  • 2013/03/13 • Uncategorized • 0 Comments

    東京裁判1

    安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で、第二次世界大戦の戦犯を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)について「大戦の総括は日本人自身の手でなく、いわば連合国側の勝者の判断によって断罪がなされた」と述べた。首相は第1次内閣で東京裁判を「受諾しており異議を述べる立場にない」と国会答弁しており、この方針は維持するとみられる。しかし東京裁判に懐疑的な見方を示したことには中韓両国などのほか、戦勝国の米国から批判が出る可能性もある。毎日新聞 2013年03月13日

    この件に関しては、日経も記事にしているけど、事実を淡々と述べているだけで、読売や朝日では記事になっていないから大したことじゃないとの認識なのだろう。中韓や米国から批判が出るとか余計な心配をしてくれちゃってるのが、自民党嫌いの毎日らしい。
    安倍首相の発言は東京裁判を批判したものではなくて、事実を述べているに過ぎないのだから批判するのはお門違いだ。
    東京裁判は、平和に関する罪(A級戦犯)、人道に関する罪(C級戦犯)などを戦後に創設し、遡及して適用しており、裁く側はすべて戦勝国が任命した人物で、戦勝国側の行為はすべて不問だったのだから、まさに安倍首相のいうとおりだ。
    ここまでは単なる事実で、僕が思っているように、「事後法の遡及適用は罪刑法定主義の観点から問題がある」とか、「判事の人選が偏っており認められない」、「アメリカやソ連の行為についても裁くべきだ」なんていうことを首相の立場で言えば、それは問題視されてもしょうがないけれども、安倍首相は「(東京裁判を)受諾しており異議を述べる立場にない」と言っているのだから、何の問題もないと思うのだけど。
    まあ、特に第二次大戦前後の話が出ると中韓が騒ぐことはあると思うし、アメリカでもマイク・ホンダみたいな中韓のシンパみたいなのが騒ぐかもしれないけれども、そんなのをイチイチ相手にしてたらきりがないよ。政権が外交ルートで文句を言ってきたら、きちんと対応する必要があるけれども、そんなことはないと思うし、万が一あったとしても理不尽な要求には応える必要はない。
    毎日新聞や、この話をトップニュースに載せてるYahoo! Japanは、なんとか騒ぎを大きくしたいのじゃないかと勘ぐられてもしょうがない。

    About

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です