• ぱるる覚醒!

    by  • 2013/03/08 • 48G • 0 Comments

    9a740b4e島崎遥香が面白い。
    もともとかわいいとは思っていたけど、ダンスが上手いわけでもなく「塩対応」で話題にはなるけど気の利いたことを言うわけでもなくということで、あまり興味のないメンバーだったので、前田敦子の後継者のように言われても「前田はもっと気の利いたことを行ってたぞ」くらいに思ってたわけだが、「有吉AKB共和国」の企画「有吉AKBラジオ局」での直近2回が秀逸だった。
    1回めは去年の11月26日深夜でゲストは島崎と大場美奈、市川美織。チーム4がなくなって間がない時期だったが、大場が謹慎したことをいじりまくっててびっくりした。

    有吉「チーム4なくなったの?」
    島崎「だってチーム4ができて1ヶ月で何か…」
    大場 「まだ1年経ってないからそういうネタはやめて!」
    有吉「何かあったっけ~w」

    有吉「大場の演技渋いね~」
    島崎「やっぱいろいろ積んでるだけありますね」
    有吉「やめなさいwそういうイジリしていいのかw?」

    有吉「大場はアイドルとして何点?」
    島崎「5点」
    有吉「100点満点中で5点w?何で?」
    島崎「ん~なんかやっぱり清純さがない」
    有吉「お前それ攻めるの好きだなwww」

    有吉「まあ大場もセクシーなムードでてきましたからね、いくつだっけ?」
    大場「もう 20歳です」
    有吉「20歳だからな」
    島崎「まあ解禁でいいですよ」
    大場「何を?(怒)」
    有吉「お前ら上手くやれてんのかよ」

    というように、執拗に大場に絡んでいた。
    そして3月4日の放送では、じゃんけん大会をプロレスに例える有吉に対し「八百長かも」と悩んでみせるし、キャッチフレーズを考えようのコーナーでは、
    「みーんなの足をひ~っぱるる」
    「AKBの事が嫌いでも私の事は嫌いにならないで下さい」
    「努力は必ず報われる!ってバッカじゃないの~」
    「陽気 無邪気 元気ってバッカじゃないの~」
    というのをやりきった。台本かもしれないけど、表情とかかなりはまってて、面白かったと思う。
    まあ、これは有吉の腕もあるとは思うけど、島崎も喋りの瞬発力があると思った。3月6日深夜のAKBINGO!では、自ら「頭の回転が遅い」と言っていたが、いやいや結構できる子になってきてるぞ。1回ならともかく2回とも当たりというのは本物だと思う。意外にフリートークっぽいので活きるタイプなのかな。
    以前であれば、ヒール役を堪能しているなんて言われた時に嫌そうな感じを出していたと思うし、キャッチフレーズでもあんなにノリノリではやってなかったと思う。これはバラエティ面で覚醒した可能性があるな。
    次は握手会とらねば。その時は、お約束で塩でお願いします。

    About

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です